極度にビビりな子犬たちがやってきました。

今週、前橋保健所から生後3ヵ月のビビリな子犬たちがやってきました。

 

スタッフがこの子犬たちの前を通るだけで、ソワソワ落ち着かない様子。


このコたちは極端なビビリさんで、人が怖くて我先にとおしくらまんじゅうで

隅っこに隠れようとします。


どうやら協会に来るまでに人の優しさに触れる機会がなく、今日までに至ったようです。


人の子どもだったら「何があったの?」と話を聞くことができますが

残念ながら子犬たちと会話が出来ないので、どうすれば打ち解けてもらえるか模索中。


人が怖いなりにも、食いしん坊さんなのでオヤツを見ると鼻をクンクン誘惑に負け

恐々ながらオヤツ食べたさにスタッフの足元までやってくるようになりました。


また一匹ずつスタッフの膝に乗せ、怖くて硬直している子犬の体をなで

スキンシップをしながら一粒一粒オヤツを人の手から与えて行きます。

 

「怖くないよ。人と一緒にいると美味しいものがもらえて嬉しいでしょ?」と

話しかけながら撫でオヤツ与え続けると、心臓がバクバク固まっていたのが

周りをキョロキョロ見る事ができようになり、落ち着きを見せてくれました。

 

ゲージに戻すとまた隅っこに隠れてしまうけど、少し表情が明るくなったかな?

 

まだまだオヤツがないと人のそばに行くことが出来ないけど

少しずつ人に慣れて新しい家族に迎えてもらえるよう頑張ろうね!

▲協会にやってきた当初の様子。3匹のように見えますが、その下にもう一匹隠れてます
▲協会にやってきた当初の様子。3匹のように見えますが、その下にもう一匹隠れてます
▲協会に来て3日目。美味しそうなオヤツのニオイにビビリながら惹きつけられる子犬たち
▲協会に来て3日目。美味しそうなオヤツのニオイにビビリながら惹きつけられる子犬たち
▲恐怖と戦いながら、オヤツに釘付けになって舌なめずり
▲恐怖と戦いながら、オヤツに釘付けになって舌なめずり
▲ビビリながらも人の手からオヤツを貰えるようになりました。大きな一歩です!
▲ビビリながらも人の手からオヤツを貰えるようになりました。大きな一歩です!

 

※この子犬たちは順化中につき、11月24日(土)・25日(日)の譲渡は見合わせています。

 

その他の新しい家族をまっている犬猫たちは、下記ブログでご紹介しています。

犬・猫のあったか家族募集&迷子・飼い主さん探し”をご覧ください。