素直になれないビビリ…その後

 

 

 

同期の子犬たちは、既にお家が決まり

協会に残ったのは

マスク顔のビビリさんのみ。

 

まだ人や大きな音にビビるけど

顔つきがずいぶん穏やかになった。

 

 

 

 

元気?

 

そばに近づくと

隠れる場所もないのに 逃げ場を探す。

 

わるいわね。

 

わたしは君のお腹が大好きなんだ。

 

ちょっとだけモフモフさせてくださいな。

 

手を差し出すと動揺するものの

撫で始めて数分で、こんな感じになる。

 

 

 

 

 

 

「・・・しょうがないなぁ」

 

そんな感じでお腹を出してくる。

 

手が疲れたので

ちょっとモフモフ休憩ね。

 

手を休めると

じーーっと目で訴える。

 

「・・・撫でてもいいけど」

 

 

 

 

 

 

はい、喜んで ( ´艸`)

 

できることなら

嬉しそうな顔をしてくれると

やりがいがでるんだけどな。

 

なんてお話ししながら

モフモフ再開。

 

すると

少しずつまぶたが

重たくなってきたようで

「ふぅ~~~」と横たわる。

 

ねぇ、気持ちが良くて

眠たくなったんでしょ?

 

 

 

 

 

 

「そんなことないもん」

 

と言いたそうなお顔で・・・

 

 

 

 

 

寝る。

( ̄m ̄*)

 

やっぱり素直じゃない。

 

 

そして

 

先週、彼女の可愛さに魅せられた方が

協会にいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

以前、見学で会った時から

ずっと彼女を気にしていたそうです。

 

お仕事で譲渡会へなかなか行けず

その日はビビリさんを迎えるのに

時間を作って朝一番に協会へ。

 

彼女の為に

ありがとうございます。

 

キミは本当に幸せ者だね。

 

新しいお家では

たくさん撫でてもらって

甘え上手なワンコになるんだよ。

 

人が好きなのに

素直になれない彼女ですが

どうぞよろしくお願いします。

  

 

いつの日か再会できますように。