犬の登録と狂犬病予防注射はお済ですか?

▲厚生労働省より 犬の登録・予防注射啓発リーフレット
▲厚生労働省より 犬の登録・予防注射啓発リーフレット

 

 

生後91日以上の犬を迎えてから
犬の登録・狂犬病注射の実施は

法律で義務付けられています。

 

多くの市町村では

秋の狂犬病予防注射の巡回が始まります。

 

犬を新たに迎えたものの

いずれもまだ済ませていないご家庭は

早急に実施をお願いします。


※予防注射は、動物病院でも接種可。

(別途診察料必要)

 

そして登録時に渡される犬鑑札と注射済票は

犬にとって大事な物。

 

迷子・行方不明中に保健所へ収容された場合

装着された犬鑑札と注射済票から飼い主を調べ

保護の連絡がいくのです。

 

言葉が話せない犬にとって

犬鑑札と注射済票は命綱。

 

登録後、犬の首輪に

必ず犬鑑札と注射済票の装着をしてください。

 

「いずれ帰ってくる」「いつものことだ」と

思っている間に、愛犬が保健所に収容され

飼い主不明で殺処分の可能性があるかもしれません。

 

協会は多くの迷子相談を受けますが
飼い主が慌てだしてからでは遅い事がほとんどです。

 

愛犬の

「犬の登録」「狂犬病予防注射」

「犬鑑札と注射済票の装着」

を忘れずに。

 

協会からのお願いです。

 

 

 

 ▼ 外部リンク ▼

 

迷子・脱走の末

お家に帰りたくても帰れない

犬たちがここにいます。

群馬県庁内 動物管理センター

 

 

前橋市HPより

10月に、犬の登録と狂犬病予防注射(追加)を行います。

 

高崎市HPより

平成25年度狂犬病予防注射について

 

※その他の市町村は窓口へお問い合わせください。

 

 

◎ ●  NPO法人 日本動物愛護福祉協会  ● ◎