3月14日(土)外猫&野良猫対象 不妊去勢手術キャンペーンのお知らせ

 


 

 

 

 

当協会で行っている

外猫&野良猫対象 不妊去勢手術キャンペーンが

3月14日(土)に開催する事が決まりました。

 

近隣に住む野良猫を

不要な繁殖をさせず地域猫として

見守りたいとお考えの方。

 

また、野良猫の自然繁殖ででお困りの方は

当協会へご相談ください。

 

手術にあたり猫の捕獲方法が

分からない方も合わせてご連絡ください。

 

・ ・ ・

 

平成25年に群馬県内で殺処分された

犬猫たちは2386匹。

 

猫の殺処分数は1501匹にものぼり

犬と比べると約1.7倍も多いのです。

 

その大半は生まれてまもない

子猫たちがほとんどなのです。

 

主な原因は

猫の非常に強い自然繁殖力。

 

不妊・去勢手術を怠ると、あっという間で

爆発的に増え、やがて人は猫たちをもてあまし

殺処分となるケースが後をたちません。

 

 

 

 


 

 

上記画像の猫は

譲渡会に参加していた子猫たちです。

 

保護主様の協力で譲渡会を通じ、彼らは今

ぬくもりある家族と暮らすことができました。

 

しかし、譲渡会に参加する事ができなかった

可愛い盛りの子猫の多くは

残念ながら殺処分で絶命しています。

 

本来なら人に愛されてやまない

子猫たちのはずなのに

その影で人知れず消えてゆく命。

 

もし、身近に野良猫がいたら

これ以上辛い思いをさせないよう

不妊・去勢手術実施にご協力ください。

 

それがキャンペーンを行う

ボランティアの願いです。

 

 

◎ ●  NPO法人 日本動物愛護福祉協会  ● ◎